本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

平成25年12月20日地方分権改革推進本部

  • あいさつする安倍総理1
  • あいさつする安倍総理2
あいさつする安倍総理1 あいさつする安倍総理2

 平成25年12月20日、安倍総理は総理大臣官邸で、第4回となる地方分権改革推進本部を開催しました。

 本日の会議では、「国から地方及び都道府県から指定都市への事務・権限の移譲等」、「地方分権改革の総括と展望」について議論され、「事務・権限の移譲等に関する見直し方針」が決定されました。

 安倍総理はあいさつで、次のように述べました。

「個性を活かし自立した地方をつくるためには、地方分権改革を推進することが不可欠であります。第1次安倍内閣で始めた一連の地方分権改革については、私の内閣で確実に前に進めていくとお約束をしました。
 関係大臣のリーダーシップ・ご尽力により、残された課題であった「国から地方への事務・権限の移譲等」について、都道府県から指定都市への移譲等と併せて、「見直し方針」の取りまとめに至ったことに感謝いたします。次の通常国会に第4次一括法案を提出することにより、一連の地方分権改革が大きく前進し、次の局面を迎えることになります。
 また、本日、新藤大臣から報告を受ける、「地方分権改革の総括と展望の中間取りまとめ」については、今後の取組の指針となるものであります。
 関係大臣においては、本日決定する「見直し方針」や、「中間取りまとめ」を踏まえ、率先して改革に取り組んでいただきたいと思います。」

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.