本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

平成25年12月21日平成26年度予算に関する政府与党政策懇談会

  • あいさつする安倍総理
あいさつする安倍総理

 平成25年12月21日、安倍総理は総理大臣官邸で平成26年度予算に関する政府与党政策懇談会に出席しました。

 本日の会議では、平成26年度予算について議論されました。

 本日の議論を踏まえ、安倍総理はあいさつの中で次のように述べました。

「平成26年度予算は、概算要求から編成を行う、政権復帰して以来、初めての本格的な予算であります。先般の経済対策や平成25年度補正予算に続き、短い期間での大変な編成作業であったと思いますが、与党の皆様には大変ご助力頂き、改めて御礼申し上げたいと思います。経済の再生と財政の健全化、この2つを同時に達成する。これ以外に道はありません。この2つを目指すため、今回の予算は、我が国の競争力の強化のための未来への投資や、暮らしの安全・安心に重点化する一方で、 国債発行額について、第一次安倍政権以来となる1.6兆円の減額を行ったところであります。本年度の予算では1.4兆円の減額を行いましたが、あわせて3兆円、これは、鳩山・菅・野田政権のときよりも、3兆円減額になるわけでございます。
 また、プライマリーバランスについても、各年度4兆円改善との目標を上回りまして、これも第一次安倍政権以来となる5.2兆円の改善を実現しているところであります。このために皆さんにご協力頂きまして、無駄を省いていくということを徹底的にやって頂きました。同時に、私たちが進めてきた3本の矢の政策によって、税収が50兆円になったということであります。これも第一次安倍政権以来となるわけであります。1998年以来3度目であります。しっかりとこの流れを失ってはならないと思うところであります。
 来年の通常国会において、平成25年度補正予算とともにこの予算を一日も早く成立させて早期に執行していくことで、足元の景気回復を、全国津々浦々まで届けていく、力強い経済成長に繋げていきたいと考えておりますので、与党の皆様におかれては、引き続きご協力をお願い致します。」

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.