本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

平成26年2月21日TPPに関する主要閣僚会議

  • あいさつする安倍総理1
  • あいさつする安倍総理2
あいさつする安倍総理1 あいさつする安倍総理2

 平成26年2月21日、安倍総理は総理大臣官邸で、第10回となるTPPに関する主要閣僚会議に出席しました。

 本日の会議では、「シンガポール閣僚会合」、「EPA交渉の現状と今後の対応」について議論が行われました。

 安倍総理は冒頭のあいさつで次のように述べました。

「明日からシンガポールでTPP閣僚会合が開催されます。
 米国とは、日米が協力して妥結に導いていくとの認識で一致しております。先週末には甘利大臣が訪米し、フロマン通商代表と直接、協議を行いました。日米間の懸案を解決すべくギリギリの協議を行いました。
 今回の閣僚会合は、交渉妥結へ向けて極めて重要な会合であります。
 国益と国益がぶつかる、大変厳しい交渉が続いておりますが、TPPは「国家百年の計」であります。成長戦略の柱でもあります。自由、民主主義、法の支配、こうした価値を共有する国々と、21世紀型の新たな経済のルールを作っていく。その歴史的意義は極めて大きなものがあります。
 この認識を私たちは共有し、そして、甘利大臣はじめ交渉チームが一丸となり、国益を実現すべく全力で臨んでもらいたいと思いますし、皆様の御努力もよろしくお願い申し上げます。」

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.