本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

平成26年3月12日総合科学技術会議

メイン画像:あいさつする安倍総理1

あいさつする安倍総理1

  • サムネイル:あいさつする安倍総理1
  • サムネイル:あいさつする安倍総理2

あいさつする安倍総理2

 平成26年3月12日、安倍総理は総理大臣官邸で、平成26年第2回(通算第118回)となる総合科学技術会議を開催しました。

 本日の会議では、「成長戦略のための新たな研究開発法人制度」、「独立行政法人科学技術振興機構の業務方法書、中期目標・中期計画の変更」、「独立行政法人日本学術振興会の業務方法書の変更」について議論されました。

 安倍総理は本日の議論を踏まえ、次のように述べました。

 「本日から、新しい有識者議員として、小谷元子議員に参加していただくことになりました。そして中西議員、平野議員には引き続き議員をお願いしたいと思います。皆様のこの最強の布陣で、内閣のイノベーション政策を強力に進めていきたいと思いますので、よろしくお願いします。
 今日は2つのことを申し上げたいと思います。
 研究開発成果の最大化を目指す新たな研究開発法人制度について、イノベーション政策や行革といった様々な角度から議論を重ねてまいりました。本日、その中核を担う特定国立研究開発法人について、考え方を決定いたしました。
 今後は、関係閣僚が一体となりまして、研究開発法人改革の法案の国会提出に向けて、しっかり対応していただきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。
 そして革新的研究開発推進プログラム(ImPACT(インパクト))の公募が、いよいよ始まりました。ImPACT(インパクト)は、安倍政権のイノベーション政策の看板施策と位置付けています。総合科学技術会議において強力に推進していただきたいと思います。」

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.