本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

平成26年4月9日日・EUビジネス・ラウンドテーブル(BRT)による表敬

メイン画像:提言書を受け取る安倍総理

提言書を受け取る安倍総理

  • サムネイル:提言書を受け取る安倍総理
  • サムネイル:あいさつする安倍総理

あいさつする安倍総理

 平成26年4月9日、安倍総理は総理大臣官邸で、日・EUビジネス・ラウンドテーブル(BRT)の米倉弘昌日本側共同議長、ファブリス・ブレジエEU側共同議長及び佃和夫新日本側共同議長による表敬を受けました。
 冒頭、米倉日本側共同議長及びブレジエEU側共同議長より、提言書が手交されました。

 安倍総理はあいさつの中で、次のように述べました。

 「BRTの年次総会において、日本とEUの経済関係強化について、有意義な御議論がなされたと思います。
 そしてただ今、その成果として「共同宣言」をいただいたわけでございまして、この取りまとめに当たられました米倉共同議長、そしてブレジエ共同議長、そして佃次期共同議長に心から敬意を表したいと思います。
 安倍政権としては、経済連携協定(EPA)を大変重視しております。特に日・EUのこの経済連携協定を締結していくことは、日本の成長、安倍政権の成長戦略にとっても大変重要であり、そしてそれは日本とEUの経済にとっても重要であると思います。
 今回いただいたこの共同宣言も参考にさせていただきながら、日本・EU双方にとって有益である、双方の利益あるいは成長にかなうEPAにしていくために、そしてそれを締結していくために、安倍内閣としても全力を尽くしていきたいと思います。
 この共同宣言を取りまとめるに当たりまして、貢献いただきました全ての皆様に感謝申し上げまして、私のごあいさつとさせていただきます。」

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.