本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

平成26年4月9日OECD日本加盟50周年記念シンポジウム

メイン画像:あいさつする安倍総理1

あいさつする安倍総理1

  • サムネイル:あいさつする安倍総理1
  • サムネイル:あいさつする安倍総理2

あいさつする安倍総理2

 平成26年4月9日、安倍総理は都内で開催されたOECD日本加盟50周年記念シンポジウムに出席しました。

 安倍総理はあいさつの中で、次のように述べました。

 「50年前の1964年。日本が戦後復興を終えたことを象徴する出来事が、2つありました。1つはアジアで初めて、東京で開催されたオリンピック・パラリンピックであります。もう1つは日本がアジアの国として初めて、OECD加盟国となったことであります。
 日本のOECD加盟は先進国入りを象徴する出来事でありました。それ以来OECDは世界最大のシンクタンクとして、日本の経済・社会が抱える様々な課題に対して、処方箋を提供してきました。
 現在、グリア事務総長の強力なイニシアティブの下、OECDは行動するシンクタンク―Doタンクとして、G20などのフォーラムとの関係を強めています。
 また、先進国クラブと言われたイメージの払拭に努めるとともに、世界の成長センター、特に東南アジア諸国との関係を深めることは、OECDの存在意義を一層高めることであると確信をいたしております。
 今年、日本はOECD加盟50周年の機会に、36年ぶりに2回目のOECD閣僚理事会議長国を務めます。閣僚理事会では、しなやかで強靭な経済と包摂的社会をメインテーマに議論が行われます。リーマンショックの例を挙げるまでもなく、リスクが瞬時に伝わる現在の国際社会では、ショックから迅速に回復する力であり、レジリエンス―つまり、しなやかな強靭さが重要になっています。私も諸般の事情が許せば、5月にパリに赴き、閣僚理事会議長国として、基調演説を行いたいと考えております。
 本日のシンポジウムでは、「アジアとともに、半世紀後の未来に向けて」と題して、閣僚理事会のもう1つのテーマである、OECDと東南アジアとの関係強化についても議論が行われます。OECD加盟国34カ国のうち、アジアからの加盟国が日本と韓国の2カ国に過ぎないのは、いささか寂しい思いをしています。
 成長著しい東南アジアの諸国が、いつの日かOECDに加盟する日を願ってやみません。
 本日の議論が5月の閣僚理事会を経て、OECDと日本の今後の50年を照らし出すことを祈念し、私のごあいさつとさせていただきます。」

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.