本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

平成26年4月12日総理主催「桜を見る会」の開催

メイン画像:招待客と写真撮影する安倍総理

招待客と写真撮影する安倍総理

  • サムネイル:招待客と写真撮影する安倍総理
  • サムネイル:あいさつする安倍総理1
  • サムネイル:あいさつする安倍総理2
  • サムネイル:招待客と話をする安倍総理1
  • サムネイル:招待客と話をする安倍総理2

あいさつする安倍総理1

あいさつする安倍総理2

招待客と話をする安倍総理1

招待客と話をする安倍総理2

 平成26年4月12日、安倍総理は東京都内の新宿御苑で、桜を見る会を開催しました。文化・芸能、スポーツ界等の代表者など約1万4千人の招待客でにぎわいました。

 安倍総理は、招待客を前に次のようにあいさつしました。

 「今年の私たちの目標は、景気回復の実感を全国津々浦々にお届けすることであります。
 おかげ様で、一昨年よりも昨年が、昨年よりも今年、だんだん良くなっているのは事実であります。
 「有効求人倍率」という数字がございます。それがやっと1を超えたわけでございます。リーマンショック後は、0.42まで落ちていました。1人の求人者に対して、2分の1しか職が無いという状況であったのですが、やっと1人の求職者に対して、1人分の職があるという状況を作ることができましたし、そして皆さん、給料もだんだん上がってまいりました。
 私は多くの経営者の皆さんに、「今年の4月から給料を上げて下さい」とお願いをさせていただいたところでございますが、恐らく今日ここにお越しの多くの経営者の皆さんは、それに応えていただいたんだろうと思うわけでございます。
 連合の計算によりましても、6,491円、平均で賃金が上がるということになりました。これは近年まれに見る賃上げになったわけでございます。これをもっともっと全国津々浦々に広げていきたい、こう思っているところでございます。」

 この後、招待客とともに苑内を回り、握手や記念撮影などに応じました。

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.