本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

平成26年5月15日地方制度調査会

  • 畔柳信雄会長に諮問文を手交する安倍総理
  • あいさつする安倍総理
畔柳信雄会長に諮問文を手交する安倍総理 あいさつする安倍総理

 平成26年5月15日、安倍総理は総理大臣官邸で、第31次地方制度調査会の第1回総会に出席しました。

 本日の会議では、会長・副会長の選任が行われ、今後の運営について議論されました。

 安倍総理はあいさつの中で、次のように述べました。

 「「第31次 地方制度調査会」が発足するに際し、御出席の皆様には委員をお引き受けいただき厚く御礼申し上げます。
 今後2年間、格別の御尽力をお願いいたします。
 「地方の元気なくして、国の元気なし」。
 繰り返し申し上げてきたとおり、地方の活性化は、安倍内閣にとって最重要のテーマであります。
 特に、地域の担い手、社会保障制度の支え手、労働力人口等が減少していく「人口減少社会」において、国民が全国で安心して快適な暮らしを営んでいけるよう、元気な地方を創っていくことは、喫緊の課題であります。
 安倍内閣では、今国会に、国から地方への事務・権限の移譲等に関する法案や、大都市制度の見直しや新たな広域連携の仕組みづくりを行うための法案を提出するなど、このような取組を着実に進めています。
 第1次安倍内閣で始めた一連の地方分権改革はもちろん、個性をいかし自立した地方をつくっていくために、地方行政の体制の在り方やそのガバナンスの在り方など、必要な改革を、私の内閣でさらに前に進めていきたいと考えています。
 委員の皆様におかれては、今回、諮問させていただく事項について、幅広く御議論いただき、具体的な提言をいただくよう、よろしくお願い申し上げます。」

 続いて、安倍総理から畔柳信雄会長に、諮問文が手交されました。

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.