本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

平成26年5月15日経済財政諮問会議

  • あいさつする安倍総理1
  • あいさつする安倍総理2
あいさつする安倍総理1 あいさつする安倍総理2

 平成26年5月15日、安倍総理は総理大臣官邸で、平成26年第7回経済財政諮問会議を開催しました。

 本日の会議では、「経済再生と財政健全化の両立に向けて」について議論され、「金融政策、物価等に関する集中審議(第2回)」が行われた後、「「選択する未来」委員会の中間整理」について報告されました。

 安倍総理はあいさつの中で、次のように述べました。

 「先般、OECD閣僚理事会におきまして、経済再生、財政再建、社会保障改革を同時に達成すると申し上げました。骨太方針において、27年度予算案編成に向けて、歳出・歳入両面からのさらなる改革の方針を示していただきたいと思います。
 また、安倍内閣の基本方針は、グローバル経済の中で、日本が強い競争力を持って成長していくことであります。これまでの民間議員の提案や諮問会議での議論も踏まえて、法人税を成長指向型の構造に変革していくための方向性を、年末を待たずに骨太方針に示していただきたいと思います。」

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.