本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

平成26年5月15日日韓次世代指導者交流事業参加者による表敬

  • 表敬を受ける安倍総理1
  • 表敬を受ける安倍総理2
表敬を受ける安倍総理1 表敬を受ける安倍総理2

 平成26年5月15日、安倍総理は総理大臣官邸で、日韓次世代指導者交流事業参加者による表敬を受けました。

 安倍総理はあいさつで、次のように述べました。

 「アンニョンハシムニカ。皆様、今日はようこそいらっしゃいました。
 まず始めに、セウォル号沈没事故につきまして、心からお悔やみ申し上げます。
 そうした困難な状況の中で訪日をしていただきました、日韓・韓日協力委員会「次世代指導者交流事業」の参加者の皆様を、改めて心から歓迎申し上げます。
 韓国の未来を担う議員の皆様と、日本の若い議員が交流することは、両国関係を発展させていくために極めて有意義であると思います。
 もう既に日本に何回も来ておられる方も多いと思いますし、日本のことをよく知っておられる方も多いと思いますが、改めて、さらに多くの方々と交流をしっかりし、いろんな所を視察していただき、日本に対する理解を深めていただきたいと思います。
 清水理事長、そして中曽根副会長、また渡辺会長代行に改めて御礼を申し上げたいと思います。
 日本と韓国は、自由や民主主義・人権といった基本的価値を共有し、また戦略的利益を共有する隣国同士であり、日本にとって韓国は大切な隣国であります。
 その中で、様々なレベルで交流を進めていくことが大切であり、特に議員間の交流は大変重視しているところであります。
 困難な状況はありますが、対話を重ねていくことが重要であると思います。先般、ハーグにおいて行われました、日韓米の首脳会談において、朴槿恵大統領とも、東アジアの安全保障状況に対して、日米韓でともに協力していくことで一致をしたところでございます。
 今後とも、日韓関係を未来志向の関係として発展させていくうえにおいて、皆様方の御協力をよろしくお願いしたいと思います。」

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.