本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

平成26年5月26日日・バングラデシュ首脳会談等

  • ハシナ首相と握手する安倍総理
  • 出迎え1
  • 出迎え2
  • 日・バングラデシュ首脳会談
  • 署名式・共同記者発表に臨む両首脳
  • 署名式に臨む両首脳
  • 文書交換後、握手をする両首脳
  • 署名式に立ち会う両首脳
  • 日・バングラデシュ共同記者発表
  • 晩餐会であいさつする安倍総理
  • 乾杯する両首脳
ハシナ首相と握手する安倍総理 出迎え1 出迎え2 日・バングラデシュ首脳会談 署名式・共同記者発表に臨む両首脳 署名式に臨む両首脳 文書交換後、握手をする両首脳 署名式に立ち会う両首脳 日・バングラデシュ共同記者発表 晩餐会であいさつする安倍総理 乾杯する両首脳

 平成26年5月26日、安倍総理は総理大臣官邸で、バングラデシュ人民共和国のシェイク・ハシナ首相と会談を行いました。
 続いて、両首脳は日・バングラデシュ共同声明に署名し、共同記者発表を行いました。

 その後、安倍総理はハシナ首相のほか、関係者を招いて晩餐会を開催し、あいさつの中で次のように述べました。
 「ハシナ首相の、首相として3回目となる訪問を歓迎いたします。
 3月に、同席の岸田外務大臣をバングラデシュに派遣し、訪日を招請したところでございますが、このように早期にお迎えをすることができ、大変嬉しく思います。
 1971年、バングラデシュが独立した際、日本はいち早く承認をし、1973年には、ハシナ首相のお父上であるムジブル・ラーマン首相を日本にお迎えいたしました。以来、日本とバングラデシュは伝統的に極めて良好な関係を築いてまいりました。
 この度のハシナ首相の訪日を機に、包括的パートナーシップを初めて立ち上げたことで、日・バングラデシュ2国間関係が新たな高みに引き上げられたことを確信いたしております。
 今日は、日・バングラデシュ友好議員連盟の会長である麻生太郎副総理や幹部議員、そしてまたバングラデシュと長年ビジネスに携わっておられる経済界の皆様、また、文化交流に携わっている皆様をお招きいたしました。バングラデシュにご縁がある方々にお越しいただきました。
 この度のハシナ首相の訪日を機に、日・バングラデシュ関係がますます発展し、そして両国をつなぐ絆がより強化されることを祈念いたしまして、杯を上げたいと思います。」

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.