本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

平成26年7月17日情報保全諮問会議

  • 挨拶する安倍総理1
  • 挨拶する安倍総理2
  • 渡辺座長の発言を聞く安倍総理
挨拶する安倍総理1 挨拶する安倍総理2 渡辺座長の発言を聞く安倍総理

 平成26年7月17日、安倍総理は、総理大臣官邸で第2回情報保全諮問会議を開催しました。

 本日の会議では、「政令・運用基準」について説明が行われた後、意見交換がなされました。

 総理は冒頭の挨拶で、次のように述べました。

「委員の皆様方におかれましては、大変御多忙の中、お集まりいただきまして、厚く御礼を申し上げます。
 私は、第1回の情報保全諮問会議におきまして、特定秘密保護法は、国民と国の安全を守るために必要不可欠な法律である、と申し上げました。その上で、国民の皆様の懸念を払拭するために、皆様の御議論を踏まえ、明確な運用基準、しっかりとした外部のチェック体制を導入し、秘密の取扱いに客観性と透明性を確保する旨、申し上げたところでございます。これまで、委員の皆様方から、数多くの、かつ、有益な御意見をいただきました。お手元のこのファイルの厚さが、皆様の多くの御議論をいただいたことを証明しているのではないかと思います。その貴重な御意見一つ一つが結実をし、本日、政令や運用基準の素案を取りまとめるに至りました。委員の皆様方からの御意見・精力的な御議論は、本会議後にホームページに公開することといたしております。これにより、漠然とした不安を感じていられていた方々にも、広く御理解をいただけるものと確信をしております。
 今回御手元にお配りした素案には、法律の適正な運用を図るための考え方や仕組みが盛り込まれています。これにより、行政における秘密の取扱いの客観性と透明性が、より一層進展することが期待されます。
 本日の会議では、政令や運用基準の素案とともに、今後のスケジュールについて御意見を賜りたいと思います。
 その上で、皆様方の御了承をいただければ、パブリック・コメントを実施し、広く国民の皆様の意見をいただいた上で、改めて委員の皆様の御意見を伺い、その上で閣議決定につなげてまいりたいと思います。
 政府としては、今後、各種施行準備作業を加速させ、法の施行までに万全の体制を整備いたします。
 委員の皆様方におかれましては、素案の取りまとめに当たり多大な御尽力をいただきましたことに、改めて御礼を申し上げますとともに、今後とも引き続き、御指導、御支援いただきますようによろしくお願いします。」

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.