本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

平成26年8月26日女性有識者との意見交換

メイン画像:挨拶する安倍総理1

挨拶する安倍総理1

  • サムネイル:挨拶する安倍総理1
  • サムネイル:挨拶する安倍総理2

挨拶する安倍総理2

 平成26年8月26日、安倍総理は、総理大臣官邸で女性有識者との意見交換に出席しました。

 安倍総理は冒頭の挨拶で、次のように述べました。

 「本日は、大変それぞれお忙しい中、お集まりいただき、厚く御礼を申し上げたいと思います。
 ただ今、森担当大臣から説明していただきましたように、日本の大企業においては、だんだん取締役に一人女性を入れる会社も増えてきたわけでございますが、状況としては、この中での私のような立場で皆様はおられるのだろうと、やはり私も違和感を感じていますが、こういう感じをいたしながら、置かれているんだろうとこのように思います。
 安倍政権の方針としては、全ての女性が輝く社会を作っていくことでございまして、これは、安倍内閣の成長戦略の中核でございます。仕事で成功されておられる方々、また、あるいは家庭で頑張っておられる方々も、また、世界で活躍されておられる女性、それぞれの能力と意欲を最大限生かしていただきたいと考えております。
 これまでの我が国は、どちらかと言えば、男性中心の考え方が、知らず知らずのうちに定着していたと言えるかもしれません。それを変えていくためには、大きな社会変革を起こしていかなければならないわけでございます。
 本日は、皆様方のこれまでの経験や忌たんのない御意見をいただきながら、全ての女性が生き方に自信と誇りを持ち、人生を通じて持てる可能性を開花させる国づくりに生かしていきたいと考えております。
 女性の輝く社会づくりは、国内での取組にとどまらないことでございます。9月には、「女性が輝く社会に向けた国際シンポジウム」を開催する予定でございまして、女性活躍推進を日本発の地球レベルの取組に発信したいと意欲的に考えているところであります。日本が世界に向けて、我が国の取組を発信するとともに、世界的なムーブメントにしていきたいと考えております。本日の御意見は9月のシンポジウムにも生かしていきたいと考えております。」

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.