本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

平成26年9月10日平成26年防災功労者内閣総理大臣表彰

メイン画像:表彰状を授与する安倍総理

表彰状を授与する安倍総理

  • サムネイル:表彰状を授与する安倍総理
  • サムネイル:挨拶する安倍総理1
  • サムネイル:挨拶する安倍総理2

挨拶する安倍総理1

挨拶する安倍総理2

 平成26年9月10日、安倍総理は、総理大臣官邸で行われた「平成26年防災功労者内閣総理大臣表彰式」に出席しました。

 防災功労者内閣総理大臣表彰は、「『防災の日』及び『防災週間』について」(昭和57年5月11日閣議了解)に基づき、災害時における人命救助や被害の拡大防止等の防災活動の実施、平時における防災思想の普及又は防災体制の整備の面で貢献し、特にその功績が顕著であると認められる団体又は個人を対象として表彰するものです。
 今年は、4個人、36団体が表彰されました。

 総理は、挨拶の中で次のように述べました。

 「皆様は、我が国で発生いたしました各種の災害時に、住民の安全確保や人命救助、被害の軽減などに尽力され、また、防災思想の普及や、防災体制の整備に尽くされました。
 皆様の御貢献、御労苦に対し、心から敬意を表しますとともに、深く感謝いたします。
 我が国は、その自然条件から、地震、台風、豪雨などによる災害が、場所を問わず発生しやすい環境にあります。この度の8月豪雨、昨年においては特別警報が初めて発令された台風18号、伊豆大島に大きな被害をもたらした台風26号など、様々な災害が発生し、多くのかけがえのない命や財産が失われております。政府においては、痛ましい被害をもたらした広島における土砂災害を受けて、警戒区域の指定を速やかにするための土砂災害防止法の改正のほか、危険箇所の周知や、行政の対応の点検を緊急に行うなど、速やかに対策を講じてまいります。
 国民の皆様の生命・財産を守るため、今後も、防災対策を不断に見直し、我が国全土にわたって災害に強い強靱な国づくりを進めてまいります。
 皆様におかれましても、本日の表彰を契機として、それぞれの分野において、益々御活躍され、各種の取組がより一層進展することを期待いたします。」

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.