本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

平成26年9月11日ロボット革命実現会議

メイン画像:挨拶する安倍総理1

挨拶する安倍総理1

  • サムネイル:挨拶する安倍総理1
  • サムネイル:挨拶する安倍総理2
  • サムネイル:ロボット・デモンストレーション

挨拶する安倍総理2

ロボット・デモンストレーション

 平成26年9月11日、安倍総理は、総理大臣官邸で第1回ロボット革命実現会議を開催しました。
 会議では、ロボットのデモンストレーションが行われた後、「ロボット革命の実現に向けた取組の現状と課題」について議論されました。

 総理は、冒頭の挨拶で次のように述べました。
 「生産年齢人口の減少に直面する中、「日本はもう成長できないのではないか」という悲観論があります。しかしながら、女性や高齢者を始め、日本人の一人一人が持てる力を最大限発揮することによって壁を突破することができる。これこそが安倍政権の成長戦略です。
 ロボットによる「新たな産業革命」は、その鍵となります。
 ロボット活用の可能性は、ものづくりにとどまらず、介護、旅館、農業、防災など幅広い分野に及びます。こうした現場の多くでは、依然として単純・過酷な作業を人手に頼る状況が続いており、人材確保や生産性向上の妨げとなっています。
 こうした地域経済を牽引する、現場のニーズに合ったロボットの導入は、大きな切り札となることは間違いありません。
 また、優れたセンサー技術やIT技術が登場する中で、従来のロボット技術を超えて、幅広い分野の技術を統合する形で進めなければ、世界の流れに取り残されるのは明らかであります。
 今こそ、これらの課題を解決するため、企業や省庁の壁を越えてオールジャパンの叡智を結集しなければなりません。
 有識者委員の皆様におかれましても、そのための具体的なアクションプランを策定すべく、活発な御議論をお願いしたいと思います。」

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.