本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

平成26年10月10日1964東京オリンピック・パラリンピック50周年記念祝賀会

メイン画像:祝辞を述べる安倍総理1

祝辞を述べる安倍総理1

  • サムネイル:祝辞を述べる安倍総理1
  • サムネイル:祝辞を述べる安倍総理2

祝辞を述べる安倍総理2

 平成26年10月10日、安倍総理は、都内で開催された「1964東京オリンピック・パラリンピック50周年記念祝賀会」に出席しました。

 総理は、祝辞で次のように述べました。

 「本日、皇太子殿下の御臨席を仰ぎ、また、クレッグ・リーディ副会長を始め国際オリンピック委員会の皆様方、国内外の関係者の皆様方の多数の御出席を得て、「1964東京オリンピック・パラリンピック50周年記念祝賀会」が盛大に挙行されることを、お喜び申し上げます。
 50年前の今日、10月10日。日本国民は、大きな感動と誇りを胸に、この日を迎えました。敗戦から19年、焼け跡から出発して、復興を成し遂げた日本に、世界中の人々が集い、目の前で素晴らしい活躍を見せる。それは、日本国民にとって、誇らしく、もっとも輝かしい時代だったに違いありません。
 当時、私は10歳の少年でありました。学校の前の街道を走る聖火ランナー。開会式の日に自衛隊の飛行隊が空に描いたあの五輪のマーク。レスリングの三宅選手や、「東洋の魔女」と言われた女子バレーボールチームを始め、日本人選手の方々の大活躍。当時少年でありましたが、誇らしい気持ちを抱いたことを、今でも鮮明に覚えております。このオリンピックで、日本人は、「やればできる。日本も頑張れば、世界と肩を並べることができる。」という自信を共有しました。国民の気持ちが一つになり、その後の成長に弾みをつけたのは間違いありません。
 日本は、再びここ東京で、オリンピック・パラリンピックを開催する栄誉を得ました。6年後、被災地が、東日本大震災からの復興を成し遂げ、街が、人々が、元気になった姿を世界に発信する。かつて「黄昏を迎えている」とまで言われた日本が、もう一度世界の中心で活躍する国として再生する。そして、世界の平和と繁栄のために貢献していく強い意志を持つ国の姿を、世界に示す。2020年の東京オリンピック・パラリンピックは、そうした大会にしていきたいと思います。
 昨年9月のIOC総会でお約束したプログラム「Sport for Tomorrow」の下、日本の若者が世界中にスポーツの指導者として出かけ、また、世界の若者が、日本の大学でスポーツを学び始めています。
 我が国が、これからもIOCの皆様とともに、また国内のスポーツ関係者とともに、「スポーツの力」によって世界をよりよい場所とするよう努力していくこと、また、2020年の東京大会が、最高の大会として世界中の人々の記憶に焼きつけられるようになることをお約束し、私の祝辞といたします。」

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.