本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

平成26年10月30日国賓オランダ王国ウィレム・アレキサンダー国王陛下及び同王妃陛下との懇談、総理夫妻主催晩餐会

  • オランダ国王王妃両陛下と懇談する安倍総理と昭恵夫人1
  • オランダ国王王妃両陛下を出迎える安倍総理と昭恵夫人
  • オランダ国王王妃両陛下と懇談する安倍総理と昭恵夫人2
  • 総理夫妻主催晩餐会で挨拶する安倍総理1
  • 総理夫妻主催晩餐会で挨拶する安倍総理2
オランダ国王王妃両陛下と懇談する安倍総理と昭恵夫人1 オランダ国王王妃両陛下を出迎える安倍総理と昭恵夫人 オランダ国王王妃両陛下と懇談する安倍総理と昭恵夫人2 総理夫妻主催晩餐会で挨拶する安倍総理1 総理夫妻主催晩餐会で挨拶する安倍総理2

 平成26年10月30日、安倍総理は、国賓として訪日されたオランダ王国のウィレム・アレキサンダー国王陛下及び同王妃陛下と懇談し、総理夫妻主催晩餐会を開催しました。

 総理は、晩餐会の挨拶で次のように述べました。

 「ウィレム・アレキサンダー国王、マキシマ王妃両陛下の国賓としての訪日を歓迎いたします。昨年の御即位を、改めてお祝い申し上げます。御即位後、最初のアジア訪問で、国賓として日本にお迎えでき、大変光栄に存じます。
 オランダは、欧州の中で、最も付き合いが長い国であります。江戸時代、出島は世界への窓口であり、当時の日本人は出島を通じて、世界最先端の知識を吸収しました。以来、貴国は日本人が非常に親しみを感じる国であり続けています。
 本日は、日本を挙げて両陛下を歓迎するため、衛藤征士郎日蘭友好議連会長、そして、古森日蘭協会会長を始め、全国から、政治・経済各界など、多方面で活躍されている方々を広く御招待させていただきました。
 今日でもオランダは、日本にとり、欧州最大の投資相手であります。未来に向けた関係発展のため、互いの強みを競い合い、協力し合う良きパートナーでありたいと思います。
 オランダの強みの一つは、世界に市場を求め、農業経営に新風を興していることであります。先端技術を活用した次世代農業の被災地での展開を期待しております。
 また、オランダは、スポーツ強国でもあります。特にスケートでは、ソチ五輪で24個のメダルを獲得しまして、2020年の東京オリンピック成功に向けて、両国で協力したいと思います。
 最後に、日本の自慢をさせていただきたいと思います。ベアトリクス前女王陛下は、寿司の出前をとるほどの和食ファンと伺っています。今宵、両陛下にも、世界遺産に登録された和食を堪能していただきたいと思います。両陛下の御訪日が、400年に及ぶ交流史に新たな一章を加えることを祈念して、盃をあげたいと思います。」

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.