本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

平成26年11月6日「東南アジア青年の船」参加青年代表による表敬

  • 参加青年代表と握手する安倍総理
  • 挨拶する安倍総理
参加青年代表と握手する安倍総理 挨拶する安倍総理

  平成26年11月6日、安倍総理は、総理大臣官邸で「東南アジア青年の船」参加青年代表による表敬を受けました。

  総理は、挨拶の中で次のように述べました。

 「第41回「東南アジア青年の船」事業に参加される各国代表の皆さん、ようこそ日本へいらっしゃいました。心から歓迎いたします。
 昨年私は、内閣総理大臣として、ASEAN10か国、全ての国を訪問いたしました。その際、行く先々で温かいおもてなしを受けるとともに、民主主義、法の支配といった普遍的な価値がASEAN各国とそして日本の間で共有されていることを実感いたしました。
  また、昨年12月には、日本とASEANとの友好協力関係が40周年を迎える節目を記念し、ここ東京で日・ASEAN特別首脳会議を開催しました。各国の首脳と率直に語り合い、ASEANと日本の協力の更なる強化について確認したところであります。
 皆さんは、明日、アジアと日本をつなぐ航海に出発されます。船の上では、異なる歴史・文化・宗教・価値観を持つ仲間との出会いがあります。互いに学び合い、語り合って、相手の国のすばらしさを認めるとともに、自らの生まれた国への誇りを持ち、仲間との絆を築いていただきたいと思います。
 これまで過去40回の「東南アジア青年の船」に参加した青年は合計1万人を超えました。皆さんも、この貴重な機会を活かし、青年の船で築いた友情を長く大切にしていただくとともに、アジアの未来のために貢献する人材として、お国において、そして地域において、そして世界において、大いに活躍されますことを期待しております。」

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.