本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

平成26年11月10日北京APEC首脳会議出席等 -2日目-

  • 習近平中国国家主席と握手する安倍総理
  • ウィドド・インドネシア大統領と握手する安倍総理
  • ウマラ・ペルー大統領と握手する安倍総理
  • 習近平中国国家主席と握手する安倍総理2
  • TPP首脳会合(代表撮影)
  • 歓迎式典1(代表撮影)
  • 歓迎式典2(代表撮影)
  • 歓迎式典3(代表撮影)
習近平中国国家主席と握手する安倍総理 ウィドド・インドネシア大統領と握手する安倍総理 ウマラ・ペルー大統領と握手する安倍総理 習近平中国国家主席と握手する安倍総理2 TPP首脳会合(代表撮影) 歓迎式典1(代表撮影) 歓迎式典2(代表撮影) 歓迎式典3(代表撮影)

 平成26年11月10日(現地時間)、APEC首脳会議のため北京を訪問している安倍総理は、インドネシア共和国のジョコ・ウィドド大統領と会談を行いました。また、ペルー共和国のオヤンタ・ウマラ・タッソ大統領と会談を行いました。

 午後には、中華人民共和国の習近平国家主席と会談を行いました。
 総理は、会談後、次のように述べました。
 「日中両国が戦略的互恵関係の原点に立ち戻って、関係を改善させていく第一歩となったと思います。
 今回、このAPECの場を活用して、まず対話をスタートする。首脳間の対話をスタートする。そのための静かな努力を重ねてきたところでありますが、先般、正式な外相会談が成立いたしました。そして、今回、習近平主席と首脳会談を行うことができた。これは、アジアの国々だけではなくて、多くの国々が、日中両国で首脳間の対話がなされることを期待していたと思います。そうした期待に応える形において、関係改善に向けて第一歩を記すことができたと思います。
 また、海上連絡メカニズムにつきましても、実施について要請をしたところでありますが、実施に向けて具体的な事務作業に入ることとなると思います。」

 その後、TPP首脳会合に出席し、夜には、習近平中国国家主席夫妻による歓迎式典に出席しました。

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.