本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

平成26年12月16日経済の好循環実現に向けた政労使会議

  • 挨拶する安倍総理1
  • 挨拶する安倍総理2
挨拶する安倍総理1 挨拶する安倍総理2

 平成26年12月16日、安倍総理は、総理大臣官邸で平成26年度第4回「経済の好循環実現に向けた政労使会議」に出席しました。

 会議では、経済の好循環の継続に向けた政労使の取組について、議論が行われました。

 総理は、冒頭の挨拶で次のように述べました。

 「私からは、経済界の皆さんに、来年春の賃上げについて、最大限の努力を図っていただけるよう、要請したいと思います。今般の合意に沿って取組をお願いしたいと思います。賃上げの流れを来年、再来年と続けていき、全国津々浦々にアベノミクスの効果を浸透させていきたいと思います。
 そのためにも、特に円安のメリットを受けて高収益の企業については、賃上げ・設備投資に加え、下請企業に支払う価格についても配慮を求めたいと考えております。
 今回の取りまとめで、取引企業の仕入れ価格の上昇を踏まえて、価格転嫁などに経済界が総合的に取り組むと合意した意義は大きなものであると思います。
 賃金体系については、与えられた仕事内容・貢献度を重視し、子育て世代への配分を高めるよう見直す案を提示いたしました。
  正規化に意欲を持つ非正規労働者や、育児休職の取得者などにハンディのない賃金体系となるよう、労使で十分に議論していただきたいと思います。
 休み方・働き方改革については、個人の創造性を発揮するため、様々な働き方があってしかるべきと考えます。地域や仕事に応じて、個人の時間を豊かにする働き方を議論し、ワーク・ライフ・バランスを実現したいと思います。
 政府としては、豊富な経験を持つ大企業の熟年層が、地方でも活躍の機会を得られるよう、民間の力も借りて、受け皿となる地域の中小企業に支援をしていく考えでございます。
 立場・御意見の違いがある中、大所高所の立場に立って、政労使の取りまとめに合意いただいたことに、感謝を申し上げます。
 好循環を力強く回し続けることで、全国津々浦々に至るまで景気回復を実感いただくことを国民にお約束したところであります。そのためには、政労使一丸となって、本日の合意を実行することが不可欠であり、皆さんには、引き続き、よろしくお願いしたいと思います。」

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.