本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

平成26年12月17日平成26年度「バリアフリー・ユニバーサルデザイン推進功労者表彰」表彰式

  • 表彰状を授与する安倍総理
  • 挨拶する安倍総理
表彰状を授与する安倍総理 挨拶する安倍総理

 平成26年12月17日、安倍総理は、総理大臣官邸で「バリアフリー・ユニバーサルデザイン推進功労者表彰」の表彰式に出席しました。

 この表彰は、バリアフリー・ユニバーサルデザインの推進について顕著な功績のあった者を顕彰し、優れた取組を広く普及させることを目的としています。

 総理は、挨拶の中で次のように述べました。

 「バリアフリー・ユニバーサルデザイン推進功労者表彰を受賞された皆様、おめでとうございます。
 総理大臣表彰を受けられた和歌山県立博物館施設活性化事業実行委員会の皆様は、最新技術を活用して、視覚障害者の皆様が触れて展示を楽しめるようにするなど、工夫を重ねた取組をされてこられました。皆様の御努力に深く敬意を表したいと思います。
  バリアフリー・ユニバーサルデザインを進めていくためには、政府の政策だけではなく、社会全体が取り組んでいくことが必要であります。
 本日の表彰を契機として、社会への、バリアフリー・ユニバーサルデザインが、ますます普及していくことを期待しているところであります。
 大切なことは、こうした普及を行っていく上において、国民的な意識の改革が必要なんだろうと、このように思う訳であります。バリアフリー、そしてユニバーサルデザイン化を進めていくことによって、日本は、より機会に恵まれたチャンスのあふれる国になっていく訳であります。
 全ての人にとって生きがいとチャンスのある国を創っていく。これは安倍政権の基本的な方針であります。障害のある方々にとっても、生きがいがあり、チャンスのある国になっていけば、日本は、もっと良い国になっていく訳でありますし、日本は、もっと大きな活力自体を手に入れることもできるのだろうと、このように思います。
 受賞を契機として、今後とも更なる御協力、御貢献をいただきますことを期待いたしまして、お祝いの言葉とさせていただきたいと思います。おめでとうございました。」

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.