本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

平成26年9月3日内閣総理大臣談話

平成26年9月3日
閣議決定

 先の総選挙で示された、国民の皆さんからの期待を胸に刻み、「危機突破内閣」を発足してから、600日余り。有効求人倍率は22年ぶりの高水準となり、この春は、連合の調査によれば、過去15年間で最高の賃上げとなりました。今や、日本経済の復活に、世界も大きく注目しています。
 日本は、「再び力強く成長できる」、「世界の中心で活躍できる」との自信を取り戻しつつあります。
 この道しかありません。
 しかし、いまだ日本の隅々にまで行き渡っているとは言えません。引き続き、経済最優先で、デフレからの脱却を目指し、成長戦略の実行に全力を尽くしてまいります。そして景気回復の実感を、必ずや全国津々浦々にまで届けることが、次なる安倍内閣の使命であります。
 東日本大震災からの復興も、更に加速しなければなりません。「平成26年8月豪雨」では、広島での大規模土砂災害をはじめ、全国各地で甚大な被害が発生しました。一日も早い復旧、生活再建に政府一丸で取り組むとともに、この災害を教訓に更なる防災対策の強化も必要です。
 教育の再生も、社会保障制度改革も、いまだ道半ばです。国民の命と平和な暮らしを守り抜くため、外交・安全保障の立て直しにも、全力を尽くします。
 更に、「女性の輝く社会」の実現に向けた努力も、一層加速していかなければなりません。若者が、将来に夢や希望を持つことができる、魅力あふれる、元気で豊かな地方の創生という、新たな課題にも真正面から取り組んでまいります。
 こうした諸政策を、大胆に、かつ、力強く実行するため、本日、内閣を改造いたしました。新たな陣容のもと、更なる政策推進力を得て、内外の課題に全力で取り組んでまいります。
 強い日本。それを創るのは、他の誰でもありません。私たち自身です。
 この道しかありません。そして私は、この道を、国民の皆さんと、共に歩んでいきたいと考えております。次なる安倍内閣のチャレンジに、国民の皆さんの御理解と御協力を、改めてお願いする次第です。

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.