本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

平成26年10月10日マララ・ユースフザイさん及びカイラシュ・サティヤルティさんのノーベル平和賞受賞についての安倍内閣総理大臣コメント

マララ・ユースフザイさん及びカイラシュ・サティヤルティさんの
ノーベル平和賞受賞について

 マララ・ユースフザイさん、カイラシュ・サティヤルティさんのノーベル平和賞受賞を心よりお慶び申し上げます。

 マララさんが、武装勢力から命を奪うぞと脅迫を受けたにもかかわらず、女性が教育を受ける権利を訴え続けたことは、世界中の人々に勇気を与えました。

 サティヤルティさんが、その人生を捧げ、強制労働に苦しむ多くの子供たちを救い出してきたことも、世界中の人々に生きる希望を与えました。

 マララさんとサティヤルティさんが世界の人々に生きる力を与えてくれたことにより、明日の世界がより良い世界となることを信じて止みません。お二人の今後の活躍を祈念致します。

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.