本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

平成25年6月22日「富士山」世界遺産登録にあたっての総理メッセージ

 きれいな稜線、端正なたたずまい。時に荒々しく、時に幻想的。富士山の多彩な美しさに、古来、私たち日本人は、感動し、元気づけられてきました。

 その「私たちの富士山」が、今日、「世界の富士山」になりました。心から嬉しく思います。

 ゴッホの絵にも描かれた富士山は、まさに「クールジャパン」の元祖。世界遺産登録を機に、政府も海外への発信を強化し、多くの外国の方々にも、日本に足を運んでもらい、富士山を見てほしいと願います。

 私たちの富士山は、私たちの誇りであり、私たちが守り、次世代に引き継いでいかねばなりません。

 「富士は日本一の山」誰もが親しんだ歌とともに、世代を越えて、富士山を守っていく。国民の皆さんとともに、その決意を新たにしたいと思います。

平成25年6月22日
内閣総理大臣  安 倍 晋 三

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.