本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル

平成26年12月26日まち・ひと・しごと創生会議

  • 写真:挨拶する安倍総理1
  • 写真:挨拶する安倍総理2
挨拶する安倍総理1の写真を表示 挨拶する安倍総理2の写真を表示

 平成26年12月26日、安倍総理は、総理大臣官邸で第4回「まち・ひと・しごと創生会議」を開催しました。

 会議では、まち・ひと・しごと創生「長期ビジョン」及び「総合戦略」について、意見交換等が行われ、「長期ビジョン(案)」及び「総合戦略(案)」がとりまとめられました。

 総理は、会議での議論を踏まえ、次のように述べました。

 「人口1億人を維持していくという「長期ビジョン」と、意欲ある地方を応援していくという「総合戦略」をまとめることができました。早速、明日決定したいと思います。
 地方が、それぞれの個性を活かし、自らの情熱で新たな地平を切り開いていく。地方創生に向けた記念すべき第一歩を踏み出すことができたと思います。
 重要なことは、各地方が、自ら考え、そして行動し、改革を起こしていく。自発的なそうした意欲によって、各地域をしっかりと活性化して未来をつくっていく。これが基本的な考え方でありますが、こうした機運は既に起こりつつあるということを、私も感じております。今までの地域活性化とは違う、自分たちがやっていこうと。その中で自分たちで考えていくことが大切だということ、その機運が地方に入りつつあると、このように思います。
 まずは、景気回復の波が全国に行き渡るよう、各地方において、消費を喚起する施策に取り組むとともに、「地方版総合戦略」を速やかに策定し、取組を開始していただくことを期待しております。
 こうした地方の取組を、国も、予算、人材等あらゆる方策を使って全力で応援してまいります。必要な施策を明日の経済対策及び来年度予算案に盛り込んでまいります。これらを活用しつつ、各地方が知恵を競い合い、地方創生を加速していただきたいと考えています。
 有識者の皆様には、大変短時間ではありましたが、精力的に有意義な議論をしていただいたと思います。改めて感謝を申し上げたいと思うと同時に、引き続き、御協力をいただきますよう、よろしくお願いを申し上げます。」

関連動画

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.