本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル

平成26年12月27日日本経済再生本部

  • 写真:挨拶する安倍総理1
  • 写真:挨拶する安倍総理2
挨拶する安倍総理1の写真を表示 挨拶する安倍総理2の写真を表示

 平成26年12月27日、安倍総理は、総理大臣官邸で第15回日本経済再生本部を開催しました。

 会議では、「地方への好循環拡大に向けた緊急経済対策」及び「アベノミクス成長戦略の実行・実現」について議論されました。

 総理は、会議での議論を踏まえ、次のように述べました。

 「今回の総選挙では、「アベノミクスを前進させるのか、後退させるのか」を国民に問い、多大な支持をいただくことができました。今後、三本の矢の経済政策を更に大胆に実施してまいります。
 本日、経済の脆弱な部分にスピード感を持って対応するため、「地方への好循環拡大に向けた緊急経済対策」を決定しました。
 プレミアム付き商品券発行や、低所得者に対する灯油の購入助成など、地方の実情に応じた自治体の施策を応援してまいります。また、原材料高に苦しむ中小・小規模事業者への低利融資制度を創設いたします。
 個人消費のてこ入れと地域経済の底上げを図り、経済の好循環を全国津々浦々に拡大していきたいと思います。
 構造改革についても、一歩たりとも後退せず、更に進めてまいります。このため、来る通常国会では、農業、雇用、医療、エネルギーといった分野での規制改革を含め、大胆で思い切った成長戦略関連の法案を提出したいと考えています。
 各大臣におかれましては、改革内容が、後退あるいは骨抜きとなることが決してないように、覚悟と決意をもって取り組んでいただきたいと思います。
 安倍内閣の改革に終わりはありません。甘利大臣には、来年の年央における成長戦略の改訂に向けて、検討準備を進めていただきたいと思います。」

関連動画

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.