シリアにおける邦人殺害予告事案に関する関係閣僚会議

平成27年1月21日
挨拶する安倍総理1 挨拶する安倍総理1
挨拶する安倍総理1
挨拶する安倍総理2 挨拶する安倍総理2
挨拶する安倍総理2

 平成27年1月21日、安倍総理は、総理大臣官邸でシリアにおける邦人殺害予告事案に関する関係閣僚会議を開催しました。

 総理は、冒頭の挨拶で次のように述べました。

 「昨日、ISILにより発出されたとみられる動画に映っている2名の男性については、行方が分からなくなっている日本人である可能性が高いことが確認されました。人命を盾にとって脅迫することは、許しがたいテロ行為であり、強い憤りを覚えます。
 改めて、2人の日本人に危害を加えることのないよう、そして直ちに解放するよう強く要求します。政府として、引き続き、人命第一で対応に全力を尽くしてまいります。厳しい時間との闘いの中で、徹底した情報戦を展開していく必要があります。
 私が昨日、パレスチナのアッバース大統領に直接協力を要請するとともに、急きょアブドッラー・ヨルダン国王、エルシーシ・エジプト大統領、エルドワン・トルコ大統領にも電話で協力を要請いたしました。ヨルダンには、中山外務副大臣を派遣しており、これまでの地球儀俯瞰外交で培ってきた中東各国との信頼関係、あらゆるチャンネルルートを最大限生かしながら、政府を挙げて手段を尽くしていく考えであります。
 いずれにせよ、我が国がテロに屈することはありません。国際社会と手を携え、この卑劣なテロとの戦いに万全を期してまいります。閣僚各位にあっては、引き続き、強いリーダーシップを発揮して、刻一刻変化する状況に臨機応変かつ全力で当たっていただきたいと思います。」

関連動画

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

関連リンク

総理の一日