THINK NOW ハンセン病-グローバル・アピール2015-

平成27年1月27日
挨拶する安倍総理 挨拶する安倍総理
挨拶する安倍総理
写真撮影に臨む安倍総理 写真撮影に臨む安倍総理
写真撮影に臨む安倍総理

 平成27年1月27日、安倍総理は、都内で開催された「THINK NOW ハンセン病-グローバル・アピール2015-」に出席しました。

 総理は、挨拶の中で次のように述べました。

 「世界各国から参加いただいた皆様、ようこそお越しくださいました。心から歓迎申し上げます。
 今日のテーマであるグローバル・アピールを主導してこられた笹川会長は、日本政府ハンセン病人権啓発大使やWHOハンセン病制圧特別大使を務めておられます。これまで、世界のハンセン病問題に対し、長年熱心に取り組んでこられたことに対しまして、改めて深く敬意を表する次第であります。
 ハンセン病は、感染力が非常に弱く、治療法も確立されており、今では適切に治療すれば後遺症なく治る病気です。しかし、残念ながら誤った理解により、世界中でハンセン病への差別や偏見は、まだ根強く残っています。我が国でも、かつて採られた施設入所施策により、患者の方々の人権に大きな制限・制約をもたらし、また、社会的偏見や差別を助長したという過去があります。
 我々は、その歴史を反省し、約20年前に大きな政策転換を行いました。元患者の方々に謝罪・補償を行い、その名誉を回復するための取組を国立ハンセン病資料館などで行っています。
 その一方、現在も、ハンセン病療養所には1700人を超える回復者の方々がいらっしゃいます。平均年齢は83歳を超え、看護や介護を得なければ、日々の生活の維持が困難となっている方が増えています。
 私どもは、これからも回復者の方々が安心して穏やかに暮らしていけるよう努め、また、ハンセン病に対する差別・偏見の解消に取り組んでまいります。
 本年のグローバル・アピールは、各国の看護協会の賛同を得て行われると伺っています。看護師は、女性の割合が高い職種の代表例ですが、私は「女性の力」が十分に発揮されることが、社会の大きな活性化につながると確信しています。看護師を始め患者の方々に寄り添う皆様が、それぞれの立場でなお一層輝き、大きな力となることを願っています。
 ハンセン病への社会的差別をこの世界からなくすため、今日の集いを通じ前進していくことをお祈りし、私の御挨拶とさせていただきたいと思います。」

関連動画

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

関連リンク

総理の一日