本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

平成27年1月27日認知症施策推進関係閣僚会合

  • 挨拶する安倍総理1
挨拶する安倍総理1

 平成27年1月27日、安倍総理は、総理大臣官邸で認知症施策推進関係閣僚会合に出席しました。

 会合では、「認知症施策推進総合戦略~認知症高齢者等にやさしい地域づくりに向けて~(新オレンジプラン)」について議論が行われました。

 総理は、冒頭の挨拶で次のように述べました。

 「我が国では、高齢者の4人に1人が認知症又はその予備群と言われています。認知症は、今や誰もが関わる可能性のある身近な病気です。
 世界各国でも認知症の方は増加しており、その対応は世界共通の課題となっていますが、最も早いスピードで高齢化が進む我が国こそ、社会全体で認知症に取り組んでいかなければなりません。
 こうした認識の下、認知症の方に寄り添い、認知症の方がより良く生活できるような社会の実現を目指し、新たな戦略を作成することとしました。
 今般、新たに策定した総合戦略では、医療・介護等が連携し、できる限り早い段階から認知症の方を支援するとともに、認知症の予防や治療のための研究開発を推進し、認知症の方の安全対策など、認知症や高齢者等にやさしい地域づくりを、省庁横断的に進めることといたしました。
 認知症の方が安心して暮らせる社会を実現し、世界のモデルとなる取組を進めるため、本戦略に基づき、各閣僚におかれては、政府一丸となって取り組んでいただきたいと思います。」

関連動画

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.