本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル

平成27年2月10日サイバーセキュリティ戦略本部

  • 写真:挨拶する安倍総理1
  • 写真:挨拶する安倍総理2
挨拶する安倍総理1の写真を表示 挨拶する安倍総理2の写真を表示

 平成27年2月10日、安倍総理は、総理大臣官邸で開催されたサイバーセキュリティ戦略本部第1回会合に出席しました。

 会合では、「本部の運営等」、「重大インシデントの対応等」及び「サイバーセキュリティ政策の評価等」について決定されました。続いて、「新・サイバーセキュリティ戦略」及び「サイバーセキュリティ対策を強化するための施策の評価(監査)の方針」について討議された後、「NISCと関係機関との協力」、「政府のサイバーセキュリティに関する予算」及び「サイバーセキュリティ月間」について報告されました。

 総理は、冒頭の挨拶で次のように述べました。

「サイバーセキュリティ戦略本部の開催に当たり、一言、御挨拶申し上げます。
 サイバー空間は、経済成長やイノベーションを推進するために必要な場となっており、サイバー空間における安全の確保、すなわち、サイバーセキュリティは、成長戦略を実現するためにも、必要不可欠な基盤です。
 他方、最近の米国の映画配給会社や、韓国の重要インフラに対するサイバー攻撃に見られるように、サイバー空間における脅威は、ますます深刻化しています。サイバー攻撃への対応は、正に国家の安全保障・危機管理上の重要な課題です。
 こうした状況を踏まえ、先の国会において、我が国のサイバーセキュリティを抜本的に強化するため「サイバーセキュリティ基本法」が成立しました。
 本日、初会合となるこの「サイバーセキュリティ戦略本部」は、基本法によって、関係行政機関の施策を評価し、資料の提出を求めるなどの権限を付与された、名実ともに、我が国のサイバーセキュリティ分野の司令塔となるべき存在です。
 まずは、サイバーセキュリティ施策の基本的な方針について、新たな「サイバーセキュリティ戦略」を策定することとなりますが、有識者の皆様には、その卓越した知見を、存分に発揮していただくようお願いいたします。
 2020年には、オリンピック・パラリンピック東京大会が開催されます。ロンドンの経験からいっても、大会の成功にはサイバーセキュリティの確保が必要不可欠であります。こうした点も見据え、我が国のサイバーセキュリティに万全を期してまいりたいと考えております。
 この本部が司令塔としての役割を十分に果たすことを期待し、私からの御挨拶とさせていただきます。」

関連動画

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.