本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル

平成27年4月3日日本医療研究開発機構設立式典

  • 写真:式典に臨む安倍総理
  • 写真:除幕する安倍総理
  • 写真:訓示する安倍総理
式典に臨む安倍総理の写真を表示 除幕する安倍総理の写真を表示 訓示する安倍総理の写真を表示

 平成27年4月3日、安倍総理は、都内で日本医療研究開発機構設立式典に出席しました。

 総理は、挨拶の中で次のように述べました。

 「皆様、おめでとうございます。先ほど、日本医療研究開発機構の除幕式を、甘利大臣、そして末松理事長、和泉補佐官と共に行いました。日本に、世界最高の医療分野における研究・開発部門を創る。この構想から2年で、今日の日を迎えることができました。
 今まで、日本の行政の歩みから考えれば、私は画期的な早さではなかったかと思います。特に、各省庁に予算がしっかりと貼り付いている。しかも、結構大きな額が貼り付いている。これを剥がしていって、一つにまとめていくことは、大変な作業でありますが、今日まで大変な御努力をいただきました皆様に改めて敬意を表したいと思います。
 医療の分野というのは、人間の人生、生活に密接に関わっています。人生を豊かにしていく、幸せな人生を送っていく上においても、健康でなければなりません。健康な人生を送る。誰にとっても、これは望みであります。この望みに少しでも近づけていく上において、この機構が果たす役割は極めて大きいだろうと思います。癌を始め、人生において直面する様々な困難な病気があります。認知症もそうです。そうした病気を克服していく上においても、正に皆さんの双肩にかかっていると言っても良いと思います。この機構における歩みが、少しでも滞っていくことは、世界におけるイノベーションが後退する。この思いで皆さんには頑張っていただきたいと思います。
 人々の人生を豊かに幸せにする新たなイノベーションが、ここから誕生することを大いに期待しているところでございます。
 このビルは大変眺めがいい訳でありまして、視界良好。日本の医療も視界良好になったのではないかと思います。皆さんのますますの御活躍と、大いなる成果が生み出されますことを期待いたしまして、私の訓示とさせていただきたいと思います。皆さん、一緒に頑張っていきましょう。」

関連動画

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.