まち・ひと・しごと創生会議

平成27年4月14日
挨拶する安倍総理1 挨拶する安倍総理1
挨拶する安倍総理1
挨拶する安倍総理2 挨拶する安倍総理2
挨拶する安倍総理2

 平成27年4月14日、安倍総理は、総理大臣官邸で第5回「まち・ひと・しごと創生会議」を開催しました。

 会議では、「今後の地方創生の取組」について議論されました。

 総理は、会議での議論を踏まえ、次のように述べました。

「本年は、『地方創生元年』です。
 先週は、3月に開業しました北陸新幹線に乗車しました。石川、福井両県の地方創生の取組を見せていただきました。福井大学の地元経済界と連携した地元就職の取組、例えば、ベテランの留学生が語学を東京で勉強していたのですが、福井大学が就職率が良いという話を聞いて、福井大学に進学をし、そして、福井大学が正に地元の商工会と共に彼の就職も熱心に世話をして、彼の希望は日本とベトナムの架け橋になりたいという中から、地元の企業を探して、その企業のものづくりで、ベトナムに工場があるという企業を探し出して行かれたということでありました。自分の、正に生きがいを見つけた訳で、大変嬉しそうにしていたところです。
 そして、もちろん、コマツの本社機能移転なども話を聞かせていただきました。全国に展開すべき成功事例の多くを紹介いただいたところです。
 地域の中堅・中小のものづくり企業にも、地域ならではの技術と工夫を活かして、設備投資や賃上げといった前向きな動きが出始めています。正に、知恵は現場にあり、と実感した次第です。
 こうした知恵を生かし、地方への人の流れを本格化させるため、『まち・ひと・しごと創生基本方針2015』を、石破大臣を中心に取りまとめていただきます。特に、地方主体の取組を更に推し進めるための28年度からの『新型交付金』、地方移住への実効性ある取組に力を入れていただきたいと思います。
 安倍政権は、個性ある元気な地域づくりを全力で応援します。有識者の皆様には、今後とも幅広い経験、知見から貴重な御意見をいただきたいと思いますので、よろしくお願いを申し上げます。」

関連動画

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

関連リンク

総理の一日