本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル

平成27年4月27日米国訪問 -2日目-

  • 写真:ハーバード大学ケネディ・スクールでスピーチする安倍総理1
  • 写真:ボストン・マラソン爆破事件跡地を訪問する安倍総理
  • 写真:ハーバード大学ケネディ・スクールでスピーチする安倍総理2
  • 写真:MIT関連施設を視察する安倍総理1
  • 写真:MIT関係者との意見交換会に出席する安倍総理
  • 写真:MIT学長及び日本人研究者・日本研究者と面談する安倍総理
  • 写真:到着式典に出席する安倍総理
  • 写真:オバマ大統領とリンカーン記念館を散策する安倍総理1
  • 写真:オバマ大統領とリンカーン記念館を視察する安倍総理
  • 写真:オバマ大統領とリンカーン記念館を散策する安倍総理2
  • 写真:アーリントン国立墓地を訪問する安倍総理1
  • 写真:アーリントン国立墓地を訪問する安倍総理2
  • 写真:ホロコースト記念博物館を訪問する安倍総理
ハーバード大学ケネディ・スクールでスピーチする安倍総理1の写真を表示 ボストン・マラソン爆破事件跡地を訪問する安倍総理の写真を表示 ハーバード大学ケネディ・スクールでスピーチする安倍総理2の写真を表示 MIT関連施設を視察する安倍総理1の写真を表示 MIT関係者との意見交換会に出席する安倍総理の写真を表示 MIT学長及び日本人研究者・日本研究者と面談する安倍総理の写真を表示 到着式典に出席する安倍総理の写真を表示 オバマ大統領とリンカーン記念館を散策する安倍総理1の写真を表示 オバマ大統領とリンカーン記念館を視察する安倍総理の写真を表示 オバマ大統領とリンカーン記念館を散策する安倍総理2の写真を表示 アーリントン国立墓地を訪問する安倍総理1の写真を表示 アーリントン国立墓地を訪問する安倍総理2の写真を表示 ホロコースト記念博物館を訪問する安倍総理の写真を表示

 平成27年4月27日(現地時間)、アメリカ合衆国を訪問している安倍総理は、午前にボストン・マラソン爆破事件跡地を訪問した後、ハーバード大学ケネディ・スクールを訪問し、スピーチを行いました。
 その後、MIT(マサチューセッツ工科大学)関連施設を訪問し、MIT関係者との意見交換会に出席、続いてMIT学長及び日本人研究者・日本研究者との面談を行いました。

 午後には、ワシントンD.C.を訪れ、アンドリュース空軍基地での到着式典に臨んだ後、バラック・オバマ大統領の案内でリンカーン記念館を視察、散策しました。
 その後、アーリントン国立墓地とホロコースト記念博物館を訪問しました。

 訪問後、総理は、次のように述べました。

 「戦後70年、そして、アウシュビッツ解放70年の節目の年に、ホロコースト記念博物館を訪れ、厳粛な気持ちになりました。
 『The Holocaust,Never Again.』イスラエルで、私はホロコーストの様な悲劇を二度と繰り返さないとの決意を表明しましたが、本日の展示を見て、一層その決意を強くいたしました。
 本日はまた、人間の善意についての希望を思い起こさせてくれる、特別な出会いがありました。リトアニアで杉原千畝が発給したビザによって命を助けられた人々との面会です。一人の勇気ある行動が、何千という尊い命を救うことができました。そして、彼のビザで日本に向かったユダヤ難民を助けた日本の人々も少なからずいました。
 彼らの勇気に、私たちは習いたいと思います。また、こうした日本人がいたことを、私は日本人として誇りに思います。
 悲劇も善意の勇気も風化させず記憶にとどめ、日本としても、世界の平和と安定のためにより積極的に貢献しなければならない、との決意を新たにしました。ありがとうございました。」

関連動画

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.