在京イスラム諸国外交団とのイフタール

平成27年6月30日
挨拶する安倍総理1 挨拶する安倍総理1
挨拶する安倍総理1
挨拶する安倍総理2 挨拶する安倍総理2
挨拶する安倍総理2

 平成27年6月30日、安倍総理は、総理大臣官邸で在京イスラム諸国外交団とのイフタールを開催しました。

 総理は、冒頭の挨拶の中で、次のように述べました。

「本日、シアム在京パレスチナ大使を始めとするイスラム外交団の皆様、イスラム諸国との交流に尽力いただいている議員連盟や関係団体の皆様を官邸にお招きし、ラマダンに行われる日没後の食事、イフタールを開催できることを大変嬉しく思います。
 まず始めに、先日のエジプト、クウェート、チュニジア、フランス、ソマリアでのテロ事件の犠牲となった方々に心から哀悼の意を表します。
 私は総理就任以来、これまで中東を始め20近い国々を訪問してまいりました。各国では視察やレセプションを通じて、イスラムの文化に触れる機会がありました。
 今年の1月に訪問いたしましたエジプトでは、『中庸が最善』というイスラムの格言を私のスピーチのテーマとして使わせていただきました。極端に偏らず、異なるものとの調和を目指す、このイスラムの精神は、和の精神を持って他者との共生を図る日本の考え方と通じるものがあります。
 本日はイスラム各国の大使館の皆様より、断食明けの食事として、たくさんの御料理をいただきました。改めて皆様に厚く御礼を申し上げます。今宵は皆様と一緒にイフタールを楽しみながらお互いの文化について語らうとともに、日本とイスラム世界そして世界の平和と繁栄を願う機会としたいと思います。」

関連動画

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

関連リンク

総理の一日