本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル

平成27年7月21日新国立競技場整備計画再検討のための関係閣僚会議

  • 写真:挨拶する安倍総理1
  • 写真:挨拶する安倍総理2
挨拶する安倍総理1の写真を表示 挨拶する安倍総理2の写真を表示

 平成27年7月21日、安倍総理は、総理大臣官邸で第1回新国立競技場整備計画再検討のための関係閣僚会議に出席しました。

 会議では、国立霞ヶ丘競技場(新国立競技場)の整備計画の見直しについて議論されました。

 総理は、冒頭の挨拶で次のように述べました。

「オリンピック・パラリンピックの主役は、国民お一人おひとり、そしてアスリートの方々であり、皆さんに祝福される大会でなければなりません。
 その会場となる新国立競技場の整備については、国民やアスリートの声に耳を傾け、1か月程前から計画の見直しを検討してきました。
 先週、現在の計画を白紙に戻し、ゼロベースで見直すことを決断し、遠藤担当大臣と下村文部科学大臣に、直ちに新しい計画づくりに取り掛かるよう指示いたしました。
 新しい競技場は、世界の人々に感動を与える場としていく、その大前提の下に、できる限りコストを抑制し、現実的にベストな計画を作っていく必要があります。
 東京大会までの期間が限られている中、新しい整備計画の策定に全力を挙げ、内閣全体として責任をもって競技場の建設を進めていくため、本日、遠藤大臣をヘッドとして、閣僚会議を立ち上げました。
 遠藤大臣には、関係閣僚と連携し、新国立競技場を2020年のオリンピック・パラリンピック開催まで間違いなく完成させ、大会を成功させるよう、尽力いただきたいと思います。関係閣僚の皆様方の御協力をよろしくお願いを申し上げます。」

関連動画

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.