子どもの貧困対策会議

平成27年8月28日
発言する安倍総理1 発言する安倍総理1
発言する安倍総理1
発言する安倍総理2 発言する安倍総理2
発言する安倍総理2

 平成27年8月28日、安倍総理は、総理大臣官邸で第3回子どもの貧困対策会議を開催しました。

 会議では、「ひとり親家庭・多子世帯等の自立支援及び児童虐待防止対策の『充実策の方向性』」、「子供の未来応援国民運動の今後の展開」及び「子供の貧困対策に関する有識者会議の開催」について議論されました。

 総理は、会議での議論を踏まえ、次のように述べました。

「ひとり親家庭等の自立支援及び児童虐待防止のための『施策の方向性』を取りまとめました。子どもが直面する問題を解決するため、保護者にも寄り添った対応を強化してまいります。
 年末を目途に、厚生労働大臣を始めとする関係閣僚が連携し、財源確保を含めた実効的な政策パッケージをまとめるため、準備を進めていただきたいと思います。
 10月には『子供の未来応援国民運動』が始動します。事務局となる内閣府、文部科学省、厚生労働省及び日本財団は、基金の創設に国民の幅広い理解と協力が得られるよう、一丸となって取り組んでいただくよう、お願いいたします。
 子どもたちの未来は日本の未来そのものであります。根本的な問題は何か、現場の体制はどうか、政策が意図した効果を上げているか、自ら問いながら、結果を出してまいりたいと思いますので、よろしくお願いを申し上げます。」

関連動画

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

関連リンク

総理の一日