平成27年防災功労者内閣総理大臣表彰

平成27年9月7日
表彰状を授与する安倍総理 表彰状を授与する安倍総理
表彰状を授与する安倍総理
挨拶する安倍総理1 挨拶する安倍総理1
挨拶する安倍総理1
挨拶する安倍総理2 挨拶する安倍総理2
挨拶する安倍総理2

 平成27年9月7日、安倍総理は、総理大臣官邸で「平成27年防災功労者内閣総理大臣表彰式」に出席しました。

 防災功労者内閣総理大臣表彰は、「『防災の日』及び『防災週間』について」(昭和57年5月11日閣議了解)に基づき、災害時における人命救助や被害の拡大防止等の防災活動の実施、平時における防災思想の普及又は防災体制の整備の面で貢献し、特にその功績が顕著であると認められる団体又は個人を対象として表彰するものです。

 今年は、6個人、38団体が表彰されました。

 総理は、挨拶の中で次のように述べました。

「受賞者の皆様、本日は、誠におめでとうございます。心からお祝いを申し上げます。
 皆様は、我が国で発生いたしました各種の災害時に、住民の安全確保や人命救助、被害の軽減などに尽力され、また、防災意識の拡充や防災体制の整備に尽くされました。
 これまでの御貢献、御労苦に対し、心から敬意を表しますとともに深く感謝いたします。
 我が国は、その自然条件から、地震、台風、豪雨などによる災害が場所を問わず、発生しやすい環境にあります。
 昨年も、広島土砂災害、御嶽山の噴火、長野県北部を震源とする地震、今年では口永良部島の噴火など、様々な災害が発生し、多くのかけがえのない命と財産が失われております。
 政府においては、御嶽山の噴火を教訓に活動火山対策特別措置法を改正し、火山対策の強化に取り組んでいます。今後も、国民の皆様の生命・財産を守るため、防災対策を不断に見直し、自助・共助・公助の連携による災害対策に一丸となって取り組んでまいります。
 皆様におかれましても、本日の表彰を契機として、それぞれの分野においてますます御活躍され、各種の取組が一層進展することを期待しています。
 終わりに、皆様方の献身的な御貢献に改めて感謝を申し上げ、私からの御挨拶といたします。
 本日は誠におめでとうございました。」

関連動画

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

関連リンク

総理の一日