最終決戦のとき!不退転の決意で全員救出を!国民大集会

平成27年9月13日
挨拶する安倍総理1 挨拶する安倍総理1
挨拶する安倍総理1
挨拶する安倍総理2 挨拶する安倍総理2
挨拶する安倍総理2

 平成27年9月13日、安倍総理は、都内で開催された「最終決戦のとき!不退転の決意で全員救出を!国民大集会」に出席しました。

 総理は、挨拶の中で次のように述べました。

「家族会・救う会・拉致議連・知事の会、そして地方議連主催の国民大集会にあたり、一言御挨拶申し上げます。
 拉致問題の解決は安倍政権の最重要課題であり、最優先で取り組んでまいりました。そして、北朝鮮との交渉に当たっては、『対話と圧力』、『行動対行動』の原則を貫きつつ、拉致問題の解決が最重要であることを粘り強く北朝鮮に伝えてまいりました。
 何よりも大切なことは、拉致問題を解決しなければ北朝鮮がその未来を描くことは困難である、と北朝鮮の最高指導者に認識させることであります。その上で、直ちに拉致被害者全員を日本に返すよう強く要求してまいります。
 昨年7月の北朝鮮による特別調査委員会の立ち上げと調査の開始から一年以上が経過をしましたが、この調査に関して、いまだに具体的な見通しが立っていないことは誠に遺憾であります。
 こうした北朝鮮側の対応については、本日お集まりの皆様から、強い憤りとともに、今後に対する御懸念、そして、我が国による対北朝鮮措置の強化を求める声があることも十分に承知をしております。
 先月、私の指示を踏まえ、岸田外務大臣が北朝鮮の李珠墉(リ・スヨン)外相に対し、日朝合意の履行を求めつつ、日本国内の懸念を伝え、一日も早い全ての拉致被害者の帰国を強く求めました。政府としては、この働きかけの結果をよく見極めつつ、日朝合意に基づく迅速な調査を通じ、一日も早い全ての拉致被害者の帰国を目指し、北朝鮮からの具体的な動きを早急に引き出すべく、引き続き最大限努力を続けてまいります。
 御家族の皆様も御高齢になられ、一刻の猶予も許されない中、被害者の方々と御家族の皆様が抱き合う日ことのできる日がやってくるまで私の使命は終わらない、その考え方にいささかの揺るぎもございません。
 我々は、拉致被害者、そして御家族の皆様と常に共にある。この想いで、問題の解決に全力を尽くしていくことを改めてお誓いを申し上げまして、内閣総理大臣としての御挨拶とさせていただきたいと思います。皆様と共に頑張ってまいります。」

関連動画

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

関連リンク

総理の一日