総合科学技術・イノベーション会議

平成27年9月18日
実験のため高強度ジェル「タフポリマー」を叩く安倍総理 実験のため高強度ジェル「タフポリマー」を叩く安倍総理
実験のため高強度ジェル「タフポリマー」を叩く安倍総理
説明を聞く安倍総理 説明を聞く安倍総理
説明を聞く安倍総理

 平成27年9月18日、安倍総理は、総理大臣官邸で第11回総合科学技術・イノベーション会議を開催しました。

 会議では、「科学技術イノベーション総合戦略2015における重点化対象施策」及び「国家的に重要な研究開発評価」について議論され、「革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)」について説明と報告が行われました。

 総理は、本日の議論を踏まえ、次のように述べました。

「本日は、科学技術イノベーション関係の来年度概算要求を省庁横断的に検討し、重点施策を決定しました。生産性の飛躍的な向上をけん引するIoT、人工知能、ロボットなどが多く選ばれました。これらの開発に当たっては、様々な分野の垣根を越えた連携が必要です。
 関係府省は、本日の結論を踏まえて、予算編成に向けてしっかり取り組んでいただきたいと思います。
 今、拝見した『タフポリマー』は、これまで見たこともない、また触れたこともない、薄く、軽く、しなやかなものでした。自動車の車体に使われれば、安全性が飛躍的に向上するのではないかと思います。
 日本は、5年後に、オリンピック・パラリンピックを迎えます。そこで、世界に誇れる日本発のイノベーションを国内外に発信できるよう、『第5期基本計画』をしっかりとまとめていきたいと思いますのでよろしくお願いします。」

関連動画

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

関連リンク

総理の一日