本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル

平成27年10月5日日仏首脳会談等

  • 写真:ヴァルス・フランス首相と握手する安倍総理
  • 写真:ヴァルス・フランス首相を出迎える安倍総理
  • 写真:儀杖隊による儀礼
  • 写真:日仏首脳会談
  • 写真:共同宣言の文書を交換する両首脳
  • 写真:協力文書交換に立ち会う両首脳1
  • 写真:協力文書交換に立ち会う両首脳2
  • 写真:協力文書交換に立ち会う両首脳3
  • 写真:協力文書交換に立ち会う両首脳4
  • 写真:協力文書交換に立ち会う両首脳5
  • 写真:日仏共同記者会見1
  • 写真:日仏共同記者会見2
  • 写真:総理夫妻主催晩餐会
ヴァルス・フランス首相と握手する安倍総理の写真を表示 ヴァルス・フランス首相を出迎える安倍総理の写真を表示 儀杖隊による儀礼の写真を表示 日仏首脳会談の写真を表示 共同宣言の文書を交換する両首脳の写真を表示 協力文書交換に立ち会う両首脳1の写真を表示 協力文書交換に立ち会う両首脳2の写真を表示 協力文書交換に立ち会う両首脳3の写真を表示 協力文書交換に立ち会う両首脳4の写真を表示 協力文書交換に立ち会う両首脳5の写真を表示 日仏共同記者会見1の写真を表示 日仏共同記者会見2の写真を表示 総理夫妻主催晩餐会の写真を表示

平成27年10月5日、安倍総理は、総理大臣官邸でフランス共和国のマニュエル・ヴァルス首相と首脳会談等を行いました。

まず、儀仗隊による儀礼に続き、両首脳は会談を行い、その後共同記者会見を行いました。

その後、総理は総理大臣公邸で晩餐会を開催し、挨拶の中で次のように述べました。

「Bonsoir(ボンソワール)。ヴァルス首相、そしてヴァイオリンの名手であるアンヌ夫人の来日を歓迎いたします。妻の昭恵と共に、特別なパートナーであるフランスから大切な友人を公邸にお招きでき、大変光栄でございます。
本日は、フランスの経済界の要人をお迎えするとともに、日本からは政界、経済界に加え、芸術、ファッション、料理に至るまで幅広い分野のリーダーにご出席をいただいております。日仏関係がこれほどまで発展しているのも皆様のお陰であり、深く感謝申し上げます。今後も引き続き、御尽力をお願いいたします。
先ほどの会談では、イノベーション、アフリカ、原子力の分野における協力を三本柱とし、今後、力強く大きく発展させるという大きな成果を得ることができました。特にイノベーションについては、今後一年を『日仏イノベーション年』として様々な取組を行っていく考えであります。皆様の御協力を得て、是非盛り上げていきたいと思います。
歴史を紐解けば、日仏のイノベーション協力は、長い歴史を有します。1871年に開業した横須賀造船所は、フランス人技師フランソワ・レオンス・ヴェルニーらの指導により建造されました。当時国内で、最新の造船施設であったわけであります。昨年世界遺産に登録された富岡製糸場も、フランスの技術を導入し、世界の絹産業の発展に重要な役割を果たしました。
そうした協力は現在に至るまで脈々と続き、原子力や宇宙といった幅広い分野に広がっています。引き続き、政府企業が協力して日仏協力を強化していく考えであります。
2018年に、日仏は交流160周年を迎えます。この間両国は互いを必要とし、相互に影響を与えてきました。日本の浮世絵がフランスの印象派に影響を与えたのは、その一例であります。和食とフランス料理も同様でありまして、フランスは昔も今も日本の良き理解者であります。
こうした背景もあり、多くの日本人がフランスの大ファンであります。毎年、70万人の日本人がフランスを訪問します。フランス人の日本訪問も増えています。政治、経済、文化を始め、各分野で人の交流を更に進め、特別なパートナーである両国の絆を一層深めていきたいと思います。
それでは、両国の発展を祈念して、杯をあげたいと思います。A votre sante(ア・ヴォートル・サンテ)。乾杯。」

関連動画

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.