梶田隆章所長へのお祝いの電話

平成27年10月6日
お祝いの電話をかける安倍総理 お祝いの電話をかける安倍総理
お祝いの電話をかける安倍総理

 平成27年10月6日、安倍総理は、ノーベル物理学賞の受賞が決定した東京大学宇宙線研究所の梶田隆章所長へお祝いの電話をかけました。

 安倍総理は、お祝いの中で次のように述べました。

「この度は、ノーベル物理学賞の受賞、誠におめでとうございます。
 ちょうどこの素晴らしいニュースが、スリランカの首相との晩餐会の直前に入ってまいりました。首相に御紹介しましたら、本当に首相は喜んでおられました。日本からそうしたノーベル賞受賞者が出ることは、スリランカとしても嬉しい、おめでとうと伝えてください、ということでした。
 二日連続でノーベル賞受賞。日本中が今、喜びに沸き立っていると思います。先生は、小柴先生から厳しい指導を受け、研究を深めたということですが、師弟の受賞というのは、後に続く研究者の皆さんにとっても大きな励みになるのではないかと思います。
 ニュートリノの話は、なかなか難しいのですが、先生の研究はそれまでの物理学の定説を覆す画期的なものであったと、世界中が驚いたという風に聞いております。正に日本の基礎研究の底力を示すものだと思います。本当に誇りに思います。
 これからも、様々な取り組むべき課題があると思います。先生も次のテーマが決まっていると思いますが、今の宇宙はどうしてできたのかという素朴なものから、謎がいっぱいあるのですが、是非そうしたロマンにも挑戦していただきたいと思いますし、若い皆さんにも勇気も与えていただきたいと思います。
 更なる御活躍をお祈りしております。本当におめでとうございました。」

関連動画

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

関連リンク

総理の一日