国と地方の協議の場

平成27年10月14日
挨拶する安倍総理1 挨拶する安倍総理1
挨拶する安倍総理1
挨拶する安倍総理2 挨拶する安倍総理2
挨拶する安倍総理2

 平成27年10月14日、安倍総理は、総理大臣官邸で平成27年度第2回「国と地方の協議の場」に出席しました。

 会議では、「平成28年度概算要求等」及び「地方創生、地方分権改革の推進」について協議されました。

 総理は、冒頭の挨拶で、次のように述べました。

「今回は、先の内閣改造後、初の『国と地方の協議の場』です。引き続きこの場を活用し、地方に関わる重要な政策課題について、皆様の声をよく伺いながら取り組んでいきたいと考えております。
 アベノミクスは『第二ステージ』へと移るわけでございます。希望と、夢と、安心のための『新・三本の矢』を放ち、『一億総活躍社会』を目指してまいります。その実現には、美しい自然、豊かな伝統や文化、優れた人材や知恵がある地方の力を最大限に活かし、国と地方で連携していくことが不可欠であります。
 政府としては、熱意ある地方の創意工夫を全力で応援するため、『地方版総合戦略』の実施を強力に支援し、地方創生を更に進めてまいります。全国津々浦々にアベノミクスの効果を波及させ、国民一人一人が豊かさを実感し、誰もがもっと活躍できる社会を創っていきたいと考えています。
 地方分権改革についても、引き続き、現場の生の声が多数寄せられています。地方の声に徹底して耳を傾けるという姿勢で、強力かつ着実に改革を進めて行く考えでございます。
 本日は、地方の立場から忌憚のない意見をいただき、それを政策の場において生かしていきたいと考えておりますので、よろしくお願い申し上げます。」

関連動画

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

関連リンク

総理の一日