栃木刑務所視察

平成27年12月17日
職員と懇談する安倍総理 職員と懇談する安倍総理
職員と懇談する安倍総理

 平成27年12月17日、安倍総理は、栃木県栃木市にある栃木刑務所を視察しました。

 総理は、施設の概況説明を受けた後、施設内を視察しました。そして、職員と懇談を行いました。

 視察後、総理は次のように述べました。

 「先般の更生保護施設に続いて、今日は女子刑務所を視察いたしました。
 女子刑務所においては、食事を取れない摂食障害、あるいは薬物依存の受刑者に対する、困難な対応でありますがそうした取組の重要性を実感することができました。
 再犯防止のためには、出所後を含め息の長い対応が大切であります。刑務所、更生保護施設、施設退所、退所後に至るまでの一貫した薬物依存からの回復指導、そして再犯防止のプログラムを用いることなど力を入れていきたいと思っています。
 再犯防止のためには医療施設や福祉施設等との連携が重要であり、官民が力を合わせていくことも大切です。
 そうした取組も含めて、しっかりと再犯防止の施策の取組を進めていきたいと思っています。」

関連動画

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

関連リンク

総理の一日