本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

平成27年12月22日地球温暖化対策推進本部

  • 発言する安倍総理1
  • 発言する安倍総理2
発言する安倍総理1 発言する安倍総理2

 平成27年12月22日、安倍総理は、総理大臣官邸で第32回地球温暖化対策推進本部を開催しました。

 会議では、「COP21の結果」及び「パリ協定を踏まえた地球温暖化対策の取組方針」について議論が行われました。

 総理は、本日の議論を踏まえ、次のように述べました。

「COP21において、全ての国が参加したパリ協定が採択されました。
 世界は、地球温暖化対策について、今世紀後半に温室効果ガスの排出と吸収をバランスさせることを目指し、新たなスタートを切りました。
 我が国は、以下の3つの原則に沿って経済成長と地球温暖化対策を両立させ、国際社会を主導します。
 第一に、イノベーション。特に、革新的技術による解決を追求すること。第二に、国内投資を促し、国際競争力を高めること。第三に、国民に広く知恵を求めること。
 関係閣僚は、以下に着手していただきたいと思います。第一に、有望な要素技術を特定し、そのインパクトや実用化、普及のための開発課題を整理すること。第二に、『パリ合意においては先進国と同じ義務を負わないが力のある新興国』が先進国並みの取組を行うよう促すための方策を検討すること。第三に、徹底した排出削減に向け、アイデアを募り、成功事例が共有されるよう、国民運動を全国津々浦々に展開すること。環境大臣が先頭に立ち、各省一体となって推進すること。
 以上を経て、来春までに地球温暖化対策計画を策定し、26%削減目標を達成するための道筋を明らかにします。あわせて、政府実行計画を策定し、政府として率先して取り組むべき内容を具体化します。
 地球温暖化対策は、内閣の最重要課題であります。全力を挙げて取り組んでまいります。」

関連動画

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.