本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

平成28年1月29日「日本医師会赤ひげ大賞」表彰式

メイン画像:挨拶する安倍総理

挨拶する安倍総理

  • サムネイル:挨拶する安倍総理

 平成28年1月29日、安倍総理は、都内で開催された「日本医師会赤ひげ大賞」表彰式に出席しました。

 総理は、挨拶で次のように述べました。

「本日、栄えある『日本医師会赤ひげ大賞』を受賞された皆様、誠におめでとうございます。また、支えてこられた家族の皆様にも感謝申し上げたいと思います。
 受賞者の皆様は、それぞれの地域において、長年にわたり献身的に医療活動に従事してこられた『地域になくてはならない存在』であると、伺っております。
 今回、受賞された方々は、小児の在宅医療や重症児の医療に尽力された方々、在宅での看取りや地域医療をけん引されている方々、路上生活者に対する診療活動を通じて、地域住民の生活環境改善に取り組まれた方々と聞いております。
 地域に根差した医療の中心を担う皆様の高い使命感と行動力は、正に現代の赤ひげ先生であると思います。皆様の受賞は、全国で日夜黙々と地域医療に携わっていらっしゃる医師の方々の励みとなるものであります。
 さて、私は昨年、政権の重要課題として、アベノミクスの第二ステージとして『一億総活躍社会』を提言いたしました。半世紀後の未来でも、人口一億人を維持し、老いも若きも、病や障害を持つ方も、誰もがもう一歩前に踏み出すことができる社会を創り上げることは、次の世代に対する責任であります。
 国民一人一人が、自分たちの地域で生き生きと活躍するための『安心』。何よりも、いつも地域を考え人々のそばに寄り添う皆様のような『かかりつけ医』の存在が必要であります。
 超高齢化の我が国では、国民の医療に対する期待もますます大きくなっています。こうした国民の期待に応えるためにも、『かかりつけ医』を中心とした、『切れ目のない医療・介護』の提供が全国津々浦々で円滑に進むよう地域医療の充実に努めてまいります。
 地域に密着して住民の健康を支える医師を顕彰する『赤ひげ大賞』の意義はとても大きなものがあります。『赤ひげ大賞』がますます発展されること、また、皆様方のますますの御活躍をお祈り申し上げて、私の御挨拶とさせていただきたいと思います。」

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.