本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

平成28年2月9日国際的に脅威となる感染症対策関係閣僚会議

メイン画像:発言する安倍総理1

発言する安倍総理1

  • サムネイル:発言する安倍総理1
  • サムネイル:発言する安倍総理2

発言する安倍総理2

 平成28年2月9日、安倍総理は、総理大臣官邸で第3回国際的に脅威となる感染症対策関係閣僚会議を開催しました。

 会議では、「『国際的に脅威となる感染症対策の強化に関する基本方針』の一部改定(案)」、「『国際的に脅威となる感染症対策の強化に関する基本計画』(案)」「ジカウイルス感染症に関する当面の対応」等について議論が行われました。

 総理は、本日の議論を踏まえ、次のように述べました。

「エボラ出血熱やMERS、さらには今般、中南米で感染が拡大しているジカウイルス感染症は、国際社会にとって大きな脅威であり、感染症への対応は世界が直面する重要課題であります。
 昨年のエルマウ・サミット、国連での議論等も踏まえ、本日、感染症に関する国際協力及び国内対策を一体的に示した初めての基本計画を決定いたしました。
 日本は、G7議長国として伊勢志摩サミット等を通じて、国際的な議論を主導してまいります。また、人材・物資・資金面にわたる国際協力を進めていきます。あわせて、国内の危機管理体制・研究体制を更に強化してまいります。
 ジカウイルス感染症については、本日取りまとめた当面の対応策に基づき、速やかに水際対策、国内の検査・治療体制の整備、妊婦を始め国民への迅速・的確な情報提供を行います。あわせて、ワクチン・治療薬の研究開発を支援してまいります。
 関係閣僚におかれましては、緊密に連携し、政府一丸となって関係施策を迅速かつ計画的に進めていただくよう、よろしくお願いいたします。」

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.