本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

平成28年2月26日第2回日本ベンチャー大賞 表彰式

メイン画像:表彰状を渡す安倍総理

表彰状を渡す安倍総理

  • サムネイル:表彰状を渡す安倍総理
  • サムネイル:第2回日本ベンチャー大賞表彰式
  • サムネイル:挨拶する安倍総理

第2回日本ベンチャー大賞表彰式

挨拶する安倍総理

 平成28年2月26日、安倍総理は、総理大臣官邸で第2回日本ベンチャー大賞の表彰式に出席しました。

 総理は、挨拶で次のように述べました。

「この度は、第2回『日本ベンチャー大賞』が、多くの魅力あふれるベンチャー企業からの応募によって、盛大に執り行われましたことを、心から嬉しく思います。
 3年間のアベノミクスは、大きな果実を生み出しました。名目GDPは28兆円増え、企業収益は過去最高となりました。雇用は110万人以上増え、正社員も増加に転じました。昨年は17年ぶりの高い賃上げが実現しました。経済の好循環によって『もはやデフレではない』という状況をつくることができました。
 次は、『戦後最大のGDP600兆円』を目指します。
 日本企業が『稼ぐ力』を取り戻し、激しい国際競争に打ち勝っていくためには、成長分野への投資や雇用のシフトが必要です。そのような産業の変革の担い手となるのが、ベンチャー企業です。
 今回、大賞に選定された企業は、がんや感染症との戦いに革命を起こしました。スタートは、中古の実験台や机を並べた、ガレージのようなオフィスだったそうです。がん細胞をピンポイントで攻撃できる技術を実用化し、わずか10年で時価総額2,000億円を超える企業に成長しました。
 安倍政権の最重要課題は、経済の再生です。ベンチャー企業が次々と生まれ、世界をリードする新産業がつくり出されれば、既存企業や地域を巻き込み、経済の好循環は力強く回転します。
 受賞者の皆さんが新しい力となり、多くの起業家が後に続くことで、日本が『起業大国』となることを祈念し、私の挨拶とさせていただきます。」

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.