本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

平成28年3月28日総合科学技術・イノベーション会議

メイン画像:説明を受ける安倍総理

説明を受ける安倍総理

  • サムネイル:説明を受ける安倍総理
  • サムネイル:発言する安倍総理

発言する安倍総理

 平成28年3月28日、安倍総理は、総理大臣官邸で第16回総合科学技術・イノベーション会議を開催しました。

 会議では、第5期科学技術基本計画の推進に向けて議論が行われ、「最近の科学技術の動向『ImPACT/タフ・ロボティクス・チャレンジ』」について説明が行われました。

 総理は、本日の議論を踏まえ、次のように述べました。

「今回から、有識者議員として、新たに十倉議員、上山議員をお迎えするとともに、小谷議員には引き続き議員をお願いすることとしました。この新たな布陣で、科学技術イノベーション政策を強力に推進してまいりますので、皆様の格段の御尽力を賜りたいと思います。
 本日拝見した『サイバー救助犬』は、動物と機械やITを組み合わせた、世界でも珍しい取組です。救助犬の嗅覚や身体能力に、計測・記録・解析と情報伝達の機能を組み合わせ、人命救助を迅速かつ効率的に進めることができます。こうした独創的な発想に基づく研究開発が、社会に新たなイノベーションを生み出すことを期待しています。
 来年度は、『第5期基本計画』の初年度であります。『世界で最もイノベーションに適した国』の実現に向けて、果敢に政策を実行してまいります。
 『Society5.0』として、自動化の範囲を画期的に広げる『超スマート社会』の実現に取り組むなど、『基本計画』に示した方向に沿って、重点を置くべき施策を特定し、予算や制度改革などに反映させていくため、5月中旬を目途に『総合戦略2016』を取りまとめていきたいと考えておりますので、よろしくお願いいたします。」

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.