国際的に脅威となる感染症対策関係閣僚会議

平成28年4月5日
発言する安倍総理1 発言する安倍総理1
発言する安倍総理1
発言する安倍総理2 発言する安倍総理2
発言する安倍総理2

 平成28年4月5日、安倍総理は、総理大臣官邸で第4回国際的に脅威となる感染症対策関係閣僚会議を開催しました。

 会議では、「薬剤耐性(AMR)対策アクションプラン」(案)について議論が行われ、「ジカウイルス感染症に関する追加的な対応」について報告が行われました。

 総理は、本日の議論及び報告を踏まえ、次のように述べました。

「国際的に脅威となりつつある薬剤耐性(AMR)の問題について、我が国として、初めてのアクションプランを決定しました。
 今後、『適切な薬剤』を『適切な量と期間』使用することを徹底するための国民運動を展開するなど、人と動物双方にわたる効果的な対策を推進します。
 また、本年、G7議長国として、途上国における薬剤耐性対策の行動計画の策定を支援するなど、国際的な対策の推進を主導していきます。
 ジカウイルス感染症は、蚊が媒介します。蚊が多く発生する夏の季節に備えるとともに、リオデジャネイロ・オリンピック・パラリンピックの開催に備えた対応の強化が必要です。
 6月を広報強化月間とし、集中的な広報・普及啓発を行うなど、国民運動を展開していきます。
 さらに、妊婦の方からの電話等相談体制を全国的に整備します。
 関係閣僚におかれては、緊密に連携し、関係施策を着実に進めていただくよう、お願いいたします。」

関連動画

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

関連リンク

総理の一日