本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル

平成28年4月15日平成28年(2016年)熊本県熊本地方を震源とする地震非常災害対策本部会議

  • 写真:挨拶する安倍総理1
  • 写真:挨拶する安倍総理2
挨拶する安倍総理1の写真を表示 挨拶する安倍総理2の写真を表示

 平成28年4月15日、安倍総理は、総理大臣官邸で「平成28年(2016年)熊本県熊本地方を震源とする地震非常災害対策本部会議」(第3回)に出席しました。

 会議では「被害状況及び各省庁の対応状況」等についての報告・議論が行われました。

 総理は、冒頭の挨拶で次のように述べました。

「地震が発生してから20時間近くが経ちました。
 警察、消防、自衛隊などは、徹夜で対応に当たっているところでありますが、被災者の救命・救助は、今日が正に『正念場』であります。
 引き続き、部隊の底力を発揮し、一刻も早く、一人でも多くの住民の命を救うため、救助活動に全力を尽くしていただきたい。
 また、依然として、多くの方々が避難を余儀なくされています。
 明日以降の天候悪化の予報に鑑みると、今日中に、安全な避難先を確保することを最優先に、全力で対策に当たる必要があります。
 関係機関、被災自治体の連携により、必要な物資の提供や、インフラの復旧も進みつつありますが、引き続き、政府の総力を挙げて、被災者支援に取り組むとともに、住宅を失ってしまった方々に対する住環境の整備など、先を見据えた対策を、前広に、どんどん進めて行っていただきたいと思います。
 明日、私自身が被災地を訪問し、『現場』を自らの目で確かめ、被災された方々の生の声に接し、今後の対策に十分生かしていきたいと考えています。」

関連動画

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.